fc2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ノゴマ (りかゆん撮影分)

さて、今回でノゴマはおしまいです(笑)
改めて、ノゴマの事を調べたんですが、喉のオレンジのこは、オスだけなんですね。
とすると、メスのノゴマはちゃんと見たことないかも?
顔つきは同じですが、目の回りとか、オスほどくっきり黒く無いですし、喉もほぼ白いみたいです。
群れで居るのを見たこと無いですが、メスのノゴマ嬢にも会ってみたいものです。


ノゴマ
今気が付きましたが、364mmになってます。
望遠端から少し広角側にズームしてます。
あまり試してませんが、LEICA100-400は望遠端はやや落ちるので、少し広角側にズームするという方も居ます。


ノゴマ
今回は、りかゆんと僕はだいたい同じ位置から撮影してたので、構図の変化が少ないです。


ノゴマ
ちょっとサービスシーンです。


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ
ここから400mmになってます。


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ
さて、ノゴマは以上です。
楽しいひと時でした。



G9pro + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm(りかゆん撮影)



  1. 2021/10/17(日) 21:10:10|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ ノゴマ
  4. | コメント:0

ノゴマに会いに 2

ノゴマの続きです。


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


α6600の高感度ノイズリダクションを「切」で撮ってみました。
iso上限 1250で撮影 (途中からiso1000上限に変更)
残念ながら、これ以上の感度UPは苦しそうです。
それでなくても、薄暗い木陰なので、-0.7EVで撮ってますし。
SSは1/100前後(もちろん三脚)

で、感想ですが
少し多めにリサイズすれば、それほど悪くないかな?と思います。
等倍では、もう一つですが、そこまでトリミングはしない事にして。
好みの問題ですが、塗り絵は嫌なんで。

EF400mmにエクステンダーなんで、解放F8
レンズが、 HSMであること。SONY純正で無いことなどから、細かいところでAFが迷うのか、ピン甘が多いです。
※たくさん押して甘いのは捨てる
ピン甘だと途端に塗り絵っぽくなります。
ジャスピンだと解像度は悪くない感じです。(高感度ノイズ低減が切だからか?)


α6600 + EF400mmF5.6L + EXTENDER EF 1.4x


  1. 2021/10/14(木) 21:10:10|
  2. EF400mmF5.6L+MC-11 [α]
  3. 関連するタグ ノゴマ
  4. | コメント:0

ノゴマに会いに

知人がノゴマを撮っておられたので、教えてもらって見に行って来ました。
プチ遠征です。

現地に着いたら、十数名ギャラリーが居ましたが、「さっき出たよ」と言うので、しばらく待つことに。
...待つこと小一時間。
その後は、そこそこ出てくれましたが、なかなか出ないと、もうどっか行っちゃったのかと不安になります。

調べたら、ノゴマは2011年以来でした。
なんと、10年!
僕の機材は、EOS40Dでした。(そりゃ古いわ)

という事で、久しぶりのノゴマです。
※りかゆんは、平日に見に行って2018年に見ていますが、すぐに抜けたので私は10年ぶり。


ノゴマ
初めての場所でしたが、駐車場の場所も教えていただいたので、スムーズでした。


ノゴマ
ここは、毎年ノゴマが入るのだとか。


ノゴマ
まだまだ、夏の日差しでしたが、ちょうど日陰だったので良かったです。


ノゴマ
ノゴマは木陰にしか出てこないとはいえ
iso1250とかで、ssがようやく三桁 (レンズはF8です) -0.7EVでこれなので、結構厳しい。


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


ノゴマ


RAWでも撮ってみたのですが...
結局、RAWから現像するなら、最新のPhotoshopにするか、Lightroomとかを入れるか?になる。
純正ソフトは結構面倒。

あと、さすがにRAW+JPEGだと連写で詰まります。(書き込み中のマークが消えません)
何枚か押すと、バッファフルで押せなくなるのがストレスで、途中からJPEGのみにしてしまった。
その割に、あまりノイズ低減効果は無かった。

ただ、高感度ノイズ低減は「切」にしたほうが、解像感に不満が無い。
あとから、色ノイズなどを低減した方がいい感じです。

ただし、iso1250でもそこそこノイズが気になるので、あまり高感度に期待できない。
まぁ、半分以下ぐらいに「リサイズ」すればそれほど気にならないのが救いかな。
どっちにしても、それほど暗いとは思わない木陰で苦戦するようでは辛いです。
出来上がりは悪く無いと思いますが。



α6600 + EF400mmF5.6L + EXTENDER EF 1.4x (MC-11)



  1. 2021/10/13(水) 23:10:10|
  2. EF400mmF5.6L+MC-11 [α]
  3. 関連するタグ ノゴマ
  4. | コメント:0

ハイイロガン りかゆん撮影分

りかゆん撮影分です。
ほぼ同じところから撮ってますが、りかゆんは手持ちです。
この日はなんか、調子悪くて、りかゆんの手持ちの方がいい感じのが多いです。
手振れ補正の誤作動とか、ブレとかかなぁ?

まぁ、りかゆん撮影分も見てください。


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン

以上です。


G9pro + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm(りかゆん撮影)



  1. 2021/10/09(土) 21:10:03|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ ハイイロガン
  4. | コメント:0

ハイイロガン

いつもの某池の隣の池にハイイロガンが来ているというので、見に行って来ました。
ハイイロガンは初見です。
残念ながら遠かったですが、見られて良かったです。

一羽だけですが、しばらく滞在しているようです。
ガンですから、でかいです。
ハイイロガンは綺麗な鳥ですね。


ハイイロガン
遠方からもたくさんのギャラリーが来ていました。


ハイイロガン
ハイイロガンと言えば、アッカ隊長(ニルスの不思議な旅)だと言うのですが
調べたら、アッカ隊長はハイイロガンでは無さそうです。


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン


ハイイロガン
すぐ横に、カイツブリが写っていますが、こんなに大きさが違うのですね。


ハイイロガン


ハイイロガン
すごく暑い日で、日焼けしてしまいました。



PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


ハイイロガン(灰色雁、Anser anser)
全長76-89センチメートル。翼開長147-180センチメートル。
上面の羽衣は灰褐色で、体上面の羽毛の外縁(羽縁)は淡色。胸部から腹部、腰の羽衣は灰色で、体側面から腹部にかけて淡褐色の横縞が入る。尾羽基部を被う羽毛(下尾筒)は白い。尾羽は灰褐色で、先端と外側尾羽は白い
ヨーロッパで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、ヨーロッパ西部へ渡り越冬する。
日本には越冬のため少数飛来(冬鳥)する。
-wikiより-



  1. 2021/10/07(木) 23:10:03|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ハイイロガン
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ノゴマ ハイイロガン コウノトリ ☆花 コサメビタキ サンコウチョウ コゲラ エゾビタキ キビタキ ★街歩き・旅行 ダイサギ モズ スズメ ハクセキレイ オオルリ サメビタキ ソリハシシギ 読書 タマシギ アマサギ ゴイサギ コアジサシ シロチドリ セイタカシギ アオアシシギ ムナグロ ヤマガラ メジロ イソシギ センダイムシクイ タシギ ハマシギ コチドリ カワラヒワ シマアジ アカハシハジロ コアオアシシギ エナガ アカエリヒレアシシギ キジ ウズラシギ ケリ ギンムクドリ コシャクシギ コムクドリ シジュウカラ ニュウナイスズメ ジョウビタキ シロハラ ホオジロ ズグロカモメ ツグミ シキチョウ ウミアイサ オオジュリン クイナ ヒクイナ キンクロハジロ マガモ ホシハジロ カルガモ ムギマキ ノビタキ オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ミソサザイ ゴジュウカラ ヒヨドリ シメ コルリ コマドリ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ キレンジャク ヒレンジャク トモエガモ チョウゲンボウ アカゲラ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン キアシシギ ビンズイ タゲリ カシラダカ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミコアイサ ミサゴ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ メダイチドリ ベニアジサシ ウソ オシドリ アトリ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン チュウサギ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ トビ オオハム ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ウミスズメ コガモ ユリカモメ アオジ ソウシチョウ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ツバメ シロガシラ ツツドリ ヒガラ カワウ アオサギ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ ヤマセミ アリスイ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク オオバン イワツバメ アオバズク ハヤブサ マガン オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ホオジロガモ セグロセキレイ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ ハシボソガラス クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: