FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

紫陽花 2017_02

さて、森林植物園の紫陽花 『後半』
実際には、380枚ほど撮ってますが(紫陽花以外も少し)
これはというのでも、ピン甘があったりで、同じカットで、何枚か押しとけば良かったかな?なんてこともあるので
まだまだ撮影枚数が増えるという事なのかなぁ?

ともかく。


森林植物園
混んでいそうなのと、入り口あたりまで帰ってこないといけないので、お昼はコンビニのおにぎり。
外で食べると、サンドイッチとかより、おにぎりの方が美味しく感じられるのですが、なんででしょうね?

入り口まで戻ってきて、ルピック(森のレストラン&喫茶)で、シフォンケーキをいただきました。


森林植物園
何度も通っているので、どこにどんな花があるかは、だいたい覚えているのですが
今回は出遅れたので、すこし咲いている花が違いました。


森林植物園


森林植物園


森林植物園
やっぱり、この色の紫陽花が一番六甲に似合っていると思うのです。


森林植物園


森林植物園


森林植物園
緑の芯がきれいな、カシワバアジサイはいいですねぇ。


森林植物園
この辺から、育苗園の珍しいこだとおもいます。


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園


森林植物園
知人が、枯れだして変色した紫陽花が良いというので、少し撮ってみました。
なかなか難しいです。

という事で、2017年の高山植物園の紫陽花は以上です。



PENTAX KP + FA50mmF1.4



  1. 2017/08/24(木) 09:07:09|
  2. FA50mmF1.4
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

紫陽花 2017_01

さて、すでに季節外れになってしまった、「在庫シリーズ」の大物
2017年版、六甲森林植物園の紫陽花です。

今回も行ってきました。

実は、このあたりがよさそうという日に行けず。
次の週もピーカンで、行く気を失い。
やや行くのが遅くなってしまったのです。
ようやく行けたのが、7月9日でした。

今回はレトロ系の PENTAX FA50mmF1.4を持ち出しました。
FAレンズはフィルムの頃からあるレンズで、このレンズは、1991年秋に 『F50mmF1.4』 からリニューアルされたもの。
四半世紀も経っています。(光学系は、さらに古いMFのA50mmF1.4と同じだそうです)
開放は甘く、2段ほど絞ると、けっこうシャープに解像するという話(それでもピントは薄いです)

という事で、いつもの六甲高山植物園
いってみよ~!


六甲森林植物園
森林植物園の入り口を貼るのは、久しぶり?


六甲森林植物園
いつもこんな感じで、最初に坂を下ります。


六甲森林植物園
すでに、遅くなって、盛りを過ぎてます。


六甲森林植物園
白いこだったのかなぁ?


六甲森林植物園
キャベツぢゃないです。


六甲森林植物園


六甲森林植物園
F2.5に絞ってますが、円形絞りじゃないので、玉ボケが多角形になってます。


六甲森林植物園
開放(F1.4)では、あまりにピント面が薄いので、2段ほど絞っているのですが
やはり、ボケ足や、滲み具合など、このレンズの特色が出ていると思います。


六甲森林植物園
このレンズは、最短が45cm
換算で75mmと中望遠になります。


六甲森林植物園
最短でも寄り切れず、あとから少しトリミングしたものも多いです。
あと、10cmほど寄れるといいんですが。


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園
やわらかいボケはいいですねぇ。


六甲森林植物園
理想は、ステッピングモーターもしくは、超音波モーターで、滑らかに静かに『合焦』する事なんですが。


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園
この、滲み具合、好きです。


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園

前半終了
あと半分お付き合いください。



PENTAX PK + FA50mmF1.4



  1. 2017/08/22(火) 23:07:09|
  2. FA50mmF1.4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

アマサギとチュウサギ

まだまだ、在庫処分です。
あんまりいい子が居なかった、田圃パトロールでしたが
帰り際、ふと横を見ると、アマサギがトラクターを追っかけていました。


アマサギ
耕運機が耕したあとには、土中のミミズとかが出てきているのか
アマサギたちは耕運機について歩いています。


アマサギ
もう少し行くと、水が入った田圃。
もうじき田植えです
※撮影したのは、5/4


アマサギ
この時期、どこから集まってくるのか、亜麻色に変わったアマサギが闊歩しています。


アマサギ
亜麻色は、婚姻色。


アマサギ
良く目立ちます。


アマサギ
大物を見つけたこのこも、実はアマサギ
頭のあたりが、うっすら色づいていますね。


チュウサギ
このこは、チュウサギ
足の指が黄色じゃないので、コサギではありません。
このこも、婚姻色になっていますね。


ナルコユリかアマドコロ
さて、休憩中に見かけたのは
ナルコユリか、アマドコロ
いろいろネットで特徴を調べたのですが、最初ナルコユリだと思っていたのに
どうやら、アマドコロみたいな気がしてきました。


ナルコユリかアマドコロ
どっちにしても、かわいらしいです。
このとき、5月4日
もうしばらく在庫生活です。




GX8 + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm



  1. 2017/08/21(月) 23:05:04|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ アマサギチュウサギ
  4. | コメント:0

ムシクイ

さて、しばらく在庫一掃をやろうと思います。
春先に忙しかったので、ほったらかした画像がかわいそうなんで。

季節が変ですが、ご容赦ください。
手始めに、4月に撮ったセンダイムシクイです。


センダイムシクイ
ムシクイは、区別が難しいです。
低山や平地で見られるのが、センダイムシクイなので、身近で見るムシクイは、ほぼセンダイムシクイなんです。
メボソムシクイ、エゾムシクイなんかも居るはずなんですが、識別できたことがありません。

センダイムシクイの特徴は、白っぽい線(頭央線)なんですが
一瞬しかとどまってくれなかったので、頭が見えず、このこが センダイムシクイ だという確証がありません。
一応、尾羽の下側が、やや黄色いという事なので、このこはセンダイムシクイだろうと思ってます。


センダイムシクイ
このとき、まだ、K-3です。
一回目のコマドリの時に撮りました。


島(八丈島とか)に行けば普通にいるらしい、イイジマムシクイ
珍しい、キマユムシクイ、カラフトムシクイ、
腹が茶色い、ムジセッカ、カラフトムジセッカ
さらに希少な、キタヤナギムシクイ、モリムシクイ、チフチャフ(こいつは迷子のこを撮りましたが)
ヤナギムシクイ、コノドジロムシクイ、キバラムシクイなど、知らないけど、たくさん居るのですね。
ウグイスの仲間ではありますが。




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2017/08/20(日) 23:04:23|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ センダイムシクイ
  4. | コメント:0

NIFREL 03

さらに、続きです。

NIFREL(ニフレル)は、EXPOCITY と名付けられた、万博記念公園にある複合施設。
2009年に閉園したレジャー施設「エキスポランド」の跡地にあります。

「ららぽーとEXPOCITY」(ショッピングセンター)を中心に、NIFREL、ポケモンEXPOジム、GUNDAM SQUARE、日本一(世界5位)の高さ(123m)を擁するシースルーゴンドラ型観覧車、109シネマズ(映画館)、多数の飲食施設、巨大駐車場と、集客力、収容能力も桁違いの施設だったりします。
公共アクセスがモノレールとなるのが、やや微妙ではありますが。


EXPOCITY
全貌を把握するのに、しばらくかかりました。


EXPOCITY
ショッピングセンターとしてもでかいです。


EXPOCITY
これが、日本最大の観覧車(123m)


EXPOCITY
GUNDAM SQUARE 前です。
1/1かな?


EXPOCITY
お昼まで考えてなかったので、どこも混んでまして、別の店で、いったん整理券をもらったのですが、全然進まないので
比較的空いていた、GUNDAM SQUARE へ入って食べた、ズゴックカレーと、シャアザクライス
※iPhone撮影


EXPOCITY MAP
一応、地図を貼っておきます。


万博公園
さて、せっかく万博公園駅に来たので、駅の反対側の万博記念公園へ行って、太陽の塔に会いましょう。


万博公園
やはり、岡本太郎は天才です。
この背中が何とも言えません。


万博公園
このあと、ついでにと、「国立民族学博物館」へ回ったんですが
あそこは『ついで』に行くところではありませんでした。
とにかく、広い、展示物が多い、雑多に多い。
想像の何倍も多いです。
写真も撮れたのですが、あまりゆっくりするつもりがなかったので、ロッカーにカメラを置いて行ったのでした。
後半駆け足で、アジア、韓国、日本の展示コーナーを駆け抜けたにも関わらず、90分以上を費やし
へとへとになったのでした。
その奥に広がる「日本庭園」へ行かなかったにも関わらず、移動距離も結構ありました。


万博公園
やはり、太陽の塔を心置きなく撮って帰りましょう。


万博公園
このとき、すでに、塔の目に灯が入っていました。

帰りに、三ノ宮で551の蓬莱で晩御飯を買って帰りました。
面白かったけど、疲れました。


そうそう、一枚貼り忘れておりました。
NIFRELのガチャで出した、オリジナル「フチ子さん」

ふち子
シロボシアカモエビ、モモイロペリカン、メガネモチノウオ
イリエワニ欲しかったのですが...残念。



GX8 + LUMIX14-140mm



  1. 2017/08/19(土) 23:08:14|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ シジュウカラ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: